クライアントの思いやビジョンを共有し、最適な利用・有効活用・ソリューションをご提案。

03-6676-2392 image

資産の組み換えコンサルティング

資産の組み換え

所有不動産を都心部の好立地不動産に積極的に買い替える「資産の組み換え」という手法が注目されております。
背景には、地価の二極化、資産規模の拡大、相続対策(節税、分割)、収益性の向上、
不動産金融の拡大、キャプレートの変化、人口減少対策等様々な要因が考えられます。
当社では一般個人から資産管理法人、中小企業等の事業法人まで、
多様なクライアントのニーズにマッチした資産の組み換えサービスを提供しております。
所有不動産の老朽化・維持費の増大、賃貸市場の低迷、空室損の増大、資産防衛をご検討の方はお気軽にご相談ください。

クライアントの目的、ビジョンを
明確化

資産の組み換えは以下のような目的に起因する場合がほとんどです。目的に応じて物件の売却&購入物件の最適化を検証し実行してまいります。

主な目的

  • 立地の改善

    地方都市、郊外住宅地、
    バス便

    首都圏、23区沿線区域、
    駅10分圏内

  • 賃料安定化

    競争力低下、
    企業撤退、空室増

    乗降客3万超市場、安定経営、
    単身世帯増

  • 運営費削減

    建物の老朽化、大規模修繕、
    メンテコスト大

    築浅、修繕費用削減、
    低層化

  • 相続対策

    路線価=時価、圧縮効果小、
    相続税大

    路線価<時価、圧縮効果大、
    相続税小

  • 資産防衛

    地価下落、人口減少、
    賃料下落市場

    地価上昇、人口増加、
    賃料上昇市場

  • 収益性向上

    メンテコスト大、高金利、
    負レバレッジ

    築浅、低金利、
    正レバレッジ

資産の組み換えシミュレーション

保有物件の棚卸を行い、異なるタイプの不動産(アパート、マンション、ビル、戸建、貸地、駐車場、更地、自宅等)に対して現状分析を行い、
潜在的な賃料、空室損、運営費、NOI、借入の詳細、時価評価を行い、対策前、対策後のCF分析、ROA(NOI/全物件)を行い効果を検証します。

02

資産の組み換え実行

不動産の活用、譲渡、購入、賃貸、賃借、交換、現物出資、建設、改修、コンバージョン、リノベーション、
増築、減築等のあらゆる手法を組み合わせ、適切な時期・タイミングに実行してまいります。
実行に際しては宅地建物取引業者としての不動産取引の他、一級建築士事務所として建物に関するコンサルティング、
顧問税理士による税務面でのサポートまでワンストップでサポート致します。

  • 03
お問い合わせ