クライアントの思いやビジョンを共有し、最適な利用・有効活用・ソリューションをご提案。

03-6676-2392 image

Re + Frame

メッセージ

代表より会社設立の経緯、想いをご紹介しております。
ご一読の上、ご興味、ご関心を頂けましたら幸いです。

代表より会社設立の経緯、
想いをご紹介しております。
ご一読の上、ご興味、
ご関心を頂けましたら幸いです。

大学進学と同時に九州は長崎から上京し、就職氷河期に建築設計業界に就職しました。
右も左も分からいない二十代は本当に無我夢中で、昼夜を問わず仕事に没頭しました。
熱中できるモノづくりの仕事に出会えたことは今となっては本当に幸せなことだったと思います。
設計の仕事はとても奥が深く、憧れの建築家を目指し、ヨーロッパにも度々渡り“これぞ建築”という仕事にも触れてきました。
しかし、30歳になる頃、将来これ一本でやっていく決断もできず、転職可能な年齢だったこともあり、思い切って不動産業界に転身しました。
転職した不動産会社は、都心の高額不動産やリゾートマンションを扱っている会社で、
これまで関わった仕事とは規模もスピードも桁違いの案件に関わることができました。
しかし、転職してわずか2年後の2008年、時代はリーマンショックを迎えます。
不動産業界は大変厳しい状況を迎え、雇用不安は業界全体に広がり、当時の会社でも大規模なリストラが行われました。

私自信には幸いにも建築業界の経験があり、使い回しの効く人材でしたので、職を失うことはありませんでした。
当時は保有物件の整理、売却処分からクレーム対応、賃貸管理系の仕事まで、ありとあらゆる仕事をこなしました。
この時期は、様々な部署の人達との出会いにも恵まれました。
不動産業界の其々の仕事に触れ、業界の浮き沈みを目の当たりにすることで、自分自身の知見が向上し、人間的にも鍛えらました。
今の自分の礎は、確実にこの時期の経験があったからだと思います。
今では大きな財産となり感謝の思いでいっぱいです。

不動産業界では様々な御縁にも恵まれ、転職もしました。
小さな会社から大きな会社まで、様々な不動産ビジネス関わることができましたが、
将来ビジョンや、目標、仕事観を考えると起業しなければ出来ないこともあるなぁ、との思いが徐々に生まれてきました。
実は起業自体は設計事務所時代に一度考えましたが、当時偶然相談した方に「その仕事は起業しないとできないのか?」と
指摘されたこともあり、その“答え”が見つからないうちは“まだまだ早い、、”との思いがあったのです。

今後の建築業・不動産業はITテクノロジーの進化と共に、その境界線は消え、
新時代のインフラ産業へと大きく変化し、進化しなければなりません。
住むこと、働くこと、生きてゆくこと、全てのシーンに関わるインフラ産業としてこれからも進化し続ける必要があるのです。

当社の社名、リフレムとは「RE+FRAME」すなわち時代にマッチした新しい枠組みを構築したいという思いから生まれました。
私自身がこれまで培ってきた仕事観やノウハウを存分に活かして、クライアントや社会に必要とされ、
貢献できるサービス、事業活動を展開してまいりたいと思います。
まだまだ未開の仕組みやサービスがあるはずです。

キーワードは「ワンストップサービスによる圧倒的な価値の創造」です。
今後の当社の展開にどうぞご期待下さい!

大学進学と同時に九州は長崎から上京し、就職氷河期に建築設計業界に就職しました。
右も左も分からいない二十代は本当に無我夢中で、昼夜を問わず仕事に没頭しました。
熱中できるモノづくりの仕事に出会えたことは今となっては本当に幸せなことだったと思います。
設計の仕事はとても奥が深く、憧れの建築家を目指し、ヨーロッパにも度々渡り“これぞ建築”という仕事にも触れてきました。
しかし、30歳になる頃、将来これ一本でやっていく決断もできず、転職可能な年齢だったこともあり、思い切って不動産業界に転身しました。
転職した不動産会社は、都心の高額不動産やリゾートマンションを扱っている会社で、 これまで関わった仕事とは規模もスピードも桁違いの案件に関わることができました。
しかし、転職してわずか2年後の2008年、時代はリーマンショックを迎えます。
不動産業界は大変厳しい状況を迎え、雇用不安は業界全体に広がり、当時の会社でも大規模なリストラが行われました。

私自信には幸いにも建築業界の経験があり、使い回しの効く人材でしたので、職を失うことはありませんでした。
当時は保有物件の整理、売却処分からクレーム対応、賃貸管理系の仕事まで、ありとあらゆる仕事をこなしました。
この時期は、様々な部署の人達との出会いにも恵まれました。
不動産業界の其々の仕事に触れ、業界の浮き沈みを目の当たりにすることで、自分自身の知見が向上し、人間的にも鍛えらました。
今の自分の礎は、確実にこの時期の経験があったからだと思います。
今では大きな財産となり感謝の思いでいっぱいです。

不動産業界では様々な御縁にも恵まれ、転職もしました。
小さな会社から大きな会社まで、様々な不動産ビジネス関わることができましたが、 将来ビジョンや、目標、仕事観を考えると起業しなければ出来ないこともあるなぁ、との思いが徐々に生まれてきました。
実は起業自体は設計事務所時代に一度考えましたが、当時偶然相談した方に「その仕事は起業しないとできないのか?」と 指摘されたこともあり、その“答え”が見つからないうちは“まだまだ早い、、”との思いがあったのです。

今後の建築業・不動産業はITテクノロジーの進化と共に、その境界線は消え、 新時代のインフラ産業へと大きく変化し、進化しなければなりません。
住むこと、働くこと、生きてゆくこと、全てのシーンに関わるインフラ産業としてこれからも進化し続ける必要があるのです。

当社の社名、リフレムとは「RE+FRAME」すなわち時代にマッチした新しい枠組みを構築したいという思いから生まれました。
私自身がこれまで培ってきた仕事観やノウハウを存分に活かして、クライアントや社会に必要とされ、 貢献できるサービス、事業活動を展開してまいりたいと思います。
まだまだ未開の仕組みやサービスがあるはずです。

キーワードは「ワンストップサービスによる圧倒的な価値の創造」です。
今後の当社の展開にどうぞご期待下さい!

代表取締役 緒方 大介

代表取締役 緒方 大介

PROFILE

長崎県諫早市生まれ。青山学院大学理工学部中退。早稲田大学専門学校卒業後、建築設計事務所へ勤務。都内の不動産会社、地場工務店勤務の後、2014年株式会社リフレム創業。20代は「”もの”づくり」、30代からは「”こと”づくり」の視点を併せた建築や不動産のワンストップコンサルティングがテーマ。クライアントの視点に立った不動産戦略コンサルティング、事業用不動産企画、建築プロデュース、土地活用、資産の組換え等の分野で活動中。「土地からオーダーメイド賃貸」サービスは東京の城南・城西エリアで多数の実績。

保有資格

一級建築士
CPM/米国不動産経営管理士
CCIM/米国不動産投資顧問
公認 不動産コンサルティングマスター
宅地建物取引士
2級ファイナンシャルプランナー
不動産有効活用専門士